正確に捉える

微笑む看護師

レーシックでは主にレーザーを用いて視力の矯正を進めていくという流れになっています。また、レーザーに対して恐怖感を感じてしまう人も少なくありません。緊張してしまうことによって、目をそらすような形で目が動いてしまう事があります。このような目の動きによってレーザーが正しい位置に照射出来なかったら、レーシックの矯正は失敗してしまいます。このようなリスクを無くすために、アイトラッカーという機能を搭載した機器も作られるようになりました。目の動きに合わせてレーザーの位置を捉えてくれるので、レーザーが間違えて黒目の外に照射してしまうという事を防ぐことが出来ます。そのため、レーシックによる矯正を成功させることが出来るのです。

レーシックによる視力矯正手術によって、多くの人の視力を回復されるようになっています。また、手術を受ける眼科選びも慎重に決めておくことが必要です。眼科によっても使用している機器も異なっているので、これらの違いを踏まえて選んでおくことが大切です。最新の技術を導入している機器であるほど、より安全にレーシック手術を進めていくことが出来ます。アイトラッカーといった機能に限らず、レーザーの照射スポットを小さくしたものも注目されており、角膜に与える負担を軽減しておくことが出来ます。そのため、手術後に感じる乾燥や目の眩しさを軽くしておくことが可能であるため、日常生活に支障を与えることがありません。また、視力回復の効果を早く実感することが出来ます。